「恐怖の歯医者」に禁錮8年

フランス中部ヌベールの裁判所は26日、患者の口内に重傷を負わせたなどとして、「恐怖の歯医者」と呼ばれるオランダ人のマルク・ファンニーロップ被告に対し、禁錮8年の判決を言い渡したそうだ。
フランスのメディアは、1度に8本もの歯を抜かれて感染症に苦しみ、かつ高額の治療費を請求された年金生活者の話などを伝えているという。
訴訟を起こした被害患者団体の代表者は「安堵した。海外の医師の場合は、特に注意しなければならないことが分かった」などと述べたという。
口内に重傷を負わせたり、1度に8本も歯を抜いたり、医師として正しい処置を行っていたと言えるのだろうか…どれくらいの被害者がいるのかはわからないが、これ以上被害が広がらないように医師免許を剥奪した方が良いのではないだろうか…。